ブラックハットSEOに必要なツール一覧

ブラックハットSEOに必要なツールを紹介して行きます。

ブラックハットは「被リンク対策」「順位を上げるためのリサーチ」が大切です。

ここでは「絶対に必要なツール」と「あった方が便利なツール」を紹介します。

被リンクを自分で増やす方法はコチラ

ブラックに必要なコンテンツ・サイト設計はコチラ

 

絶対に必要なツール

まずは絶対に必要なツールを紹介して行きます。

ブラックハットをやるには無いと困るツールばかりです。

被リンクを自演で行うためには購入しましょう。

 

PSW(パーフェクトサテライトライター)

PSWは記事を自動で作成してくれるツールです。

一瞬で記事を作ってくれるので、バックリンクサイトの記事はPSWがあれば全てOKです。

記事作成サイトや外注ライターにお願いする必要もありません。

いろんな65ジャンルの中から1ジャンルしか購入出来ないので、一番汎用性の高いジャンルを選びましょう。

PSWってどんなツール

PSW使うメリット

  • 一瞬でバックリンク用記事が出来る
  • プラグインを使えばワードプレスに自動投稿も出来る
  • キーワードの変更も簡単に出来る
  • キーワード出現率も設定可能
  • ジャンル別で購入するので文章が自然に出来上がる
  • 外注ライターに依頼する必要がなくなる

動画のようにPSWはわずか1.5秒で1万記事でも作ってしまうツールです。

記事は全てオリジナルコンテンツなので、コピーチェックしてもかぶることはありません。

CSV版とHTML版の2種類から選べるので、ワードプレスの場合はCSVから作成しましょう。

ワードプレスのプラグインWP Ultimate CSV Importerを使えば、自動的に記事を投稿することも可能です。

27,800円でちょっと高めですが、記事作成サイトや外注ライターに頼むくらいなら、PSWを買った方がトータルでは安く済み、時間の短縮にもなります。

ブラックハットは手間をかけないのが一番なので、絶対的に必要なツールです。

PSW Ver2の購入はコチラ

ブラックハットSEOにはPSWが絶対に必要な理由
あなたは被リンク用の記事をどうやって作っていますか? 「被リンク記事は外注ライターにお願いしています」という人も多いでしょう。 外注ライターにお願いしている人は、手間と費用をかなりつぎ込んでいませんか? ここでは、そんな負...

 

GRC(有料版)

GRCは検索順位をチェックするツールです。

ダウンロードして、毎日1回順位をチェックします。

無料版は3サイトまで登録可能ですが、それより多くなると有料版が必要になります。

中級クラスのアフィリエイターですと複数サイト持っていることが多いと思うので、有料版を購入しましょう。

GRCのココが素晴らしい

GRCはただの便利な順位チェックツールですが、毎日順位をチェックすることがサイトの改善にとても重要な役割を持ちます。

GRCを毎日使うメリット

  • 毎日の検索順位を1クリックで知ることが出来る
  • Googleアルゴリズム変動にすぐに気づける(すぐ対策を打てる)
  • 被リンクを打った後に順位変動の確認が出来る
  • (被リンク効果の確認ができ、被リンク効果が無ければページの改善が必要と分かる)

  • 被リンクを打った後に順位がジリジリ下がった場合、ページの改善が必要と分かる
  • ペナルティーを受けた場合にすぐに分かる

GRCをただ何となく見ているだけでは意味はありませんが、毎日順位をチェックすることで被リンク効果やサイト設計が上手く行っているか知ることが出来ます。

被リンクを打った後は順位がぐっと上がりますが、順位が全然変わらない時はコンテンツ側で改善が必要となります。

また、被リンクを打って順位が上がった後に、ジリジリと順位が下がった時も、サイト設計が上手く行っていない証拠です。

こうやってGRCを最大限に活かすことによって、ブラックハットの効果を発揮することが出来ます。

3URLまで無料、5URLまで405円/月、50URLまで810円/月です。

GRCは必須ツールなので、ケチらない方が良いと思います。

GRCの購入はコチラ

 

中古ドメイン

バックリンクサイトには中古ドメインを必ず使います。

中古ドメインはいろんな方法で手に入れることが出来ますが、中古ドメインの専用サイトで購入するのが一番簡単です。

アクセス中古ドメイン

もう少し安く購入する場合は、ココナラで個別に購入しても良いと思います。

中古ドメインのココが素晴らしい

中古ドメインは新規ドメインと違って、いろんな効果があります。

  • 被リンクを持っている
  • (バックリンクサイト自体の価値も上がり、被リンクがGoogleから評価されやすい)

  • ドメインパワーがある
  • インデックスされやすい
  • アクセスも増えやすい

中古ドメインに慣れている人は、メインサイトで中古ドメインを使って作る人も多いです。

バックリンク用では安くても良いので、中古ドメインを必ず使うようにしましょう。

中古ドメインの購入はコチラ

 

IP分散サーバー

IP分散サーバーはバックリンクサイトを作るために必須のサーバーです。

必ずクラスC以上の国内サーバーを使いましょう。

そのスペックがあれば、何でも良いですが、IQサーバーは安めなのでおすすめです。

IQサーバーは1IP = 324円 で10IPから購入可能です。

まずは10IPで購入し、その後、被リンク対策が必要なごとにIPを追加して行きましょう。

IQサーバーの購入はコチラ

 

あった方が便利なツール

続いてあった方が便利なツールです。

無くても良いですが、今まで使って良かったものを紹介します。

 

バナープラス

バナープラスは自分で簡単にバナーを作れるツールです。

簡単にバナーやアイキャッチ画像を作ることが出来るので、とても重宝しています。

年会費制なので、毎年お金を払う必要があるので、ちょっと負担は大きいです。

バナープラスのココが素晴らしい

個人的にはバナープラスはアイキャッチ画像に使っていて、とても役に立っています。

バナープラスを使ってみた感想

  • とにかく文字がキレイに入れることが出来る(アイキャッチ画像にすごく便利)
  • 画像同士を上手く重ねることが出来る
  • 背景やフレームがたくさんあるので、バリエーションが豊富

文字のバリエーションがたくさんあるので、使ってみると便利さが分かります。

バナープラスの購入はコチラ

 

mixhost

mixhostはXサーバーのスピードを凌ぐ高速サーバーです。

メインサイトにはmixhostを使うと良いでしょう。

Xサーバーを使っている人も2代目のサーバーはmixhostがおすすめです。

mixhostのココが素晴らしい

mixhostは2018年7月のスピードアップデートに一番適したレンタルサーバーです。

  • エックスサーバーが採用しているNginx(エンジンエックス)より速いLiteSpeed Webサーバーを採用
  • オールSSD・PHP7(PHP5の2倍のスピード)
  • HTTP/2対応(複数の画像も一瞬で表示)
  • 自動でSSL表示(設定必要無し)
  • プラン変更はいつでも可能(クラウドタイプ)
  • 同じサーバー内でも他サイトの影響を受けない仕組み

スピードのNo.1はmixhostで間違え無しです。

容量はXサーバーに負けますが、mixhostはスピードは圧倒的なのでおすすめです。

mixhostの購入はコチラ

 

無料で使えるツール

最後に無料で使えるツールを紹介して行きます。

無料ツールは主にリサーチの時に使えます。

使用回数によっては有料になるので、無制限で使いたい人は有料版をどうぞ。

 

KWFinder

KWFinderは無料で使える総合キーワードツールです。

関連キーワード・キーワードの難易度・月間検索数・競合サイト情報(被リンク数も)を調べることが出来ます。

1日5回しか検索出来ないので、無制限で使いたい人は有料版をどうぞ。

KWFinderのココが素晴らしい

  • サイトが軽いので使いやすい
  • サイトがキレイで見やすい
  • キーワードの難易度が分かるので、新サイト立ち上げ時に使える
  • 競合サイトの情報が分かる
  • 競合サイトの被リンク数も分かる
  • 月間検索数ボリュームが12ヶ月分見れる

KWFinderは無料にしては非常に出来が良いツールです。

新サイト立ち上げ時のリサーチに非常に役立ちます。

有料版は29.9ドル/月からなので、なかなか高級です。

KWFinderを使ってみる

 

rishirikonbu

rishirikonbu(りしりこんぶ)は関連キーワードの検索数をチェックするツールです。

1日3回までしか使えませんが、新サイトのリサーチに非常に便利です。

サジェストの月間検索数が見える版です。

rishirikonbuを使ってみる

 

aramakijake

aramakijake(あらまきじゃけ)は入力したキーワード単発の月間検索数をチェックするツールです。

キーワード単発の検索数を調べるのに便利なツールです。

aramakijakeを使ってみる

 

キーワードウォッチャー

キーワードウォッチャーはaramakijakeと同じキーワード単発の月間検索数チェックツールです。

1日3回しか検索出来ませんが、有料版になるとCSV出力出来たり、過去3か月のデータが見れるようになります。

重要なキーワードはaramakijakeと合わせて検索すると、検索数のズレを確認することが出来ます。

キーワードウォッチャーを使ってみる

 

Googleサジェスト

サジェストツールはキーワードの関連の深いキーワードを表示してくれるツールです。

サジェストツールはたくさんありますが、Googleサジェストgoodkeywordが有名どころです。

無料で使えるのでとても便利ですが、サジェストワードの検索数が出ないのが残念です。

Googleサジェストを使ってみる

 

hanasakigani

hanasakigani(はなさきがに)はサイトの被リンク数をチェックしてくれるツールです。

被リンク数とドメイン数を表示してくれ、競合情報をリサーチする時に使えます。

hanasakiganiを使ってみる

 

まとめ

ブラックハットSEOをやって行くために必要なツールを紹介して来ました。

PSWと中古ドメイン・分散サーバー以外はほとんど無料で使うことが出来ます。

最初は無料で始めて、使えそうだと思えば有料版に変更しても良いでしょう。

ブラックハットSEOは被リンクが大切ですが、サイト作成前のリサーチがとても重要になってきます。

しっかりとリサーチし、勝てるサイトを作りこんで行きましょう。

被リンクを自分で増やす方法はコチラ

ブラックに必要なコンテンツ・サイト設計はコチラ

コメント