被リンクを自分で増やす方法【ブラックハットSEO 永久保存版】

ここでは被リンクを自分で増やす方法(ブラックハットSEO)について紹介して行きます。

「被リンクがもらえない? だったら自分で増やしましょう!」

というのがブラックハットSEOです。

ブラックハットはお金がかかるため、10万円以上稼ぐ中級以上のアフィリエイターにおすすめです。

まだ稼げていない初心者アフィリエイターは止めておきましょう。

もしブラックでお金をかけたにも関わらず効果が出なかった場合に、初心者は対応が出来ません。

ブラックは必ず結果が出るものではありません。

ある程度のコンテンツのクオリティ・上位表示する可能性のある高品質な記事しかブラックハットは利きません。

低品質な記事にブラックハットをやっても効果が出ないこともあるので、狙った記事を集中的に被リンク対策して行きます。

ブラックに必要なコンテンツ・サイト設計はコチラ

 

バックリンクサイトの作り方

被リンク対策の流れはざっとこんな感じです。

  • 中古ドメイン・ツール・分散サーバーの準備
  • バックリンクサイトの準備
  • PSWで記事を作る
  • バックリンクサイトに貼る

PSWは自動で記事を作ってくれるツールです。

これがあるのと無いのでは雲泥の差が出ます。

もしPSW無しでやるのであれば、クラウドソーシングか記事作成サービスを使ってバックリンク用記事の依頼をしましょう。

ただ、PSWは1回の購入でずっと使えるので、ぜひ購入しておくと便利です。

ブラックハットSEOにはPSWが絶対に必要な理由
あなたは被リンク用の記事をどうやって作っていますか? 「被リンク記事は外注ライターにお願いしています」という人も多いでしょう。 外注ライターにお願いしている人は、手間と費用をかなりつぎ込んでいませんか? ここでは、そんな負...

 

中古ドメイン・ツール・分散サーバーの準備

まずブラックハットで使うツールとサーバーについてです。

使うツールは以下の3つです。

  • 中古ドメイン
  • IP分散サーバー
  • PSW

基本的にはこの3つです。

GRCなどで常に順位のチェックは必要ですが、GRCについては別ページで紹介します。

 

中古ドメイン

バックリンクサイトには必ず中古ドメインを使います。

バックリンクサイトを新規ドメインで作ることはありません。

中古ドメインはドメインパワーをいくらか持っていて、被リンクの数や質もそれなりにあります。

それなりのパワーがあるサイトから被リンクを送るので効果が出ます。

ただ、良い中古ドメインは金額もそれなりにするので、バックリンク用の価格帯は2,000円~3,000円くらいで抑えられると良いです。

アクセス中古ドメインなどで購入出来ますが、最近は高価なので、ココナラで個別に購入すると良いです。

 

ドメインの選び方については、人によってまちまちです。

  • ドメインの数を大事にする人
  • ドメインの質を大事にする人
  • ドメイン年齢を大事にする人

こんな風に絶対的に正しいものは存在しません。

 

私の個人的な選び方は

  • 日本語サイトのドメイン
  • 政治・教育・公共系のドメイン
  • 〇〇協会・〇〇イベント・映画サイトなど
  • SEO対策をやっていないサイト
  • リンク元が健全なサイト

だいたいこんな感じです。

日本語サイトで無いと、どんなサイトか判断出来ないですし、SEO対策しているサイトは、何かしら上手く行かずに捨てて行った訳で、インデックスされない可能性もあります。

〇〇協会・〇〇イベント・映画サイトなどは結構落ちているのでおすすめです。

リンク元もチェックして、SEO対策していないか一応見ます。

 

良いドメインを見つけるというより、インデックスされるドメインを見つけるという感じです。

今のGoogleはアフィリエイトサイトよりも公式サイトの方に価値を与えているので、とにかく日本語サイトの公式サイト(SEO対策やっていない)サイトを見つけましょう。

分散サーバーが10IPからの契約が多いので、10個ドメインを買うのが良いですが、資金不足の人は1つずつ増やして行きましょう。

 

IP分散サーバー

IP分散サーバーは国内のクラスC分散のサーバーが良いです。

海外IPの方が安いですが、海外IPばかりだとGoogleに飛ばされると聞いたことがあるので、国内を選ぶようにしています。

国内でクラスCの分散サーバーにしておきましょう。

安いのはIQサーバーがおすすめです。

IQサーバーは10IPから購入出来ます。

324 × 10IP = 3,240円/月 となり、少し負担も大きいです。

ブラックはお金がかかります。

分散サーバーはとりあえず10IPから初めて30・50と増やして行きましょう。

 

PSW

PSWは記事を一瞬で作ってくれるバックリンクサイトに必須のツールです。

これだけでかなりの時間を節約してくれます。

キーワード出現率を変更出来るので、入れたいキーワードも自由自在です。

1回の購入で1ジャンルしか手に入らないので、しっかり考えて応用性の高いジャンルを選びましょう。

ちなみに私が買った副業系のジャンルは応用性が高いので便利です。

1ジャンルで稼ぐ系はだいたい網羅しています。

PSWは27,800円で少し高価ですが、1回でずっと使えるのでおすすめです。

PSW Ver2

ブラックハットSEOにはPSWが絶対に必要な理由
あなたは被リンク用の記事をどうやって作っていますか? 「被リンク記事は外注ライターにお願いしています」という人も多いでしょう。 外注ライターにお願いしている人は、手間と費用をかなりつぎ込んでいませんか? ここでは、そんな負...

 

被リンクの貼り方

中古ドメイン・IP分散サーバー・PSWの準備が出来たら、バックリンクサイトを作って行きましょう。

PSWがあるので、記事はランダムで作られますが、被リンクの貼り方は飛ばないように注意しなくては行けません。

ここでは注意点を紹介します。

 

本文にリンクを貼る

被リンクは本文中に貼るのが一番効果が大きいです。

サイドバーやフッターだと効果が小さいので、必ず本文中に入れましょう。

本文の中に入れ込んでも良いですし、記事のすぐ下に入れても良いです。

 

アンカーテキスト

アンカーテキストは、上位表示させたいキーワードを入れ込み、アンカーテキストは必ず分散させるようにします。

当サイトのアンカーテキスト

  • 被リンク ブラックハット(検索キーワード)
  • 被リンク 対策(検索キーワード)
  • 被リンク対策ナビ(サイト名)
  • https://black-seo.love/(サイトURL)

このようにアンカーテキストごとに分散させて行きます。

分散率は20%を切るくらいでやって行きます。

検索上位に入れたいキーワードは多めに入れましょう。

 

アンカーテキストは文章にならなくても良いです。

バックリンクサイトなので、そこまで気を使わなくてOKです。

アンカーテキストは分散させないと、ペナルティーを喰らう可能性があるので、必ず分散させて行きましょう。

 

1サイトでいくつのリンクを貼る?

1つのバックリンクサイトで貼るリンクの数は1サイトにつき1つでOKです。

同じサイトに何回貼っても効果は変わらないです。

 

バックリンクサイト1つに対して、いくつのサイトにリンクを貼るのか?

複数のサイトに対してリンクを貼っても良いですが、もし万が一Googleのペナルティーを受けたら、リンク先全てのサイトが飛びます。

もし1つのバックリンクサイトから10サイトのリンクを貼っていたら、一気に10サイトがインデックスから外されてしまいます。

1サイト1リンクが一番望ましいですが、費用が非常にかかってしまいます。

判断は任せますが、1サイト1~3リンク程度に抑えてリスクを最小限にしましょう。

 

キーワード出現率

PSWに入れるキーワードの出現率はあまり意識する必要は無いですが、キーワード入れすぎには注意です。

やりすぎるとペナルティーの対象になります。

通常は5%程度と言われていますが、10%は入れないようにしましょう。

 

被リンクを貼る頻度

被リンクを貼る頻度は、様々な意見があります。

通常は1日1リンクまで。というのが定説ですが、個人的には1日に10リンクを付けても飛んだことはありません。

ただ、月に10~15リンク程度しか貼っていないので月に2回程度の作業です。

毎日10リンク貼っていたら、きっとGoogleにすぐに飛ばされるでしょう。

1日1リンクだとリスクはかなり抑えることが出来ますが、かなり面倒だと思います。

どうするかは任せますが、1日1リンクの方がリスクが少ないのは確かでしょう。

 

被リンクをどのページに貼るか?

被リンクをどのページに貼るかは、そのサイトによって異なります。

通常だと、トップページにアクセスを集めたいのでトップページにリンクを貼ります。

ランキングページに集中させたい場合は、ランキングページに集中的にリンクを貼ります。

リンクを貼るページはあまり分散させないようにしています。

 

バックリンクサイトのジャンル

バックリンクサイトのジャンルは、メインサイトと揃える方が効果が高いです。

しかし、そこまで意識する必要は無いと思っています。

もし1つのバックリンクサイトで複数のメインサイトにリンクを貼る場合は、出来るだけ近いジャンルを選ぶと良いです。

例:3つのサイトにリンクを貼る場合

仮想通貨・FX・在宅ワーク → 副業系のバックリンクサイト

化粧品・葉酸・筋肉サプリ → 健康系のバックリンクサイト

こんな形で、バックリンクサイトは大きい分類で作ればOKです。

美容系のバックリンクサイトから葉酸・筋肉サプリのリンクを貼っても問題無いです。

ジャンルが完全に一致している方がGoogle評価が高いのは間違えありませんが、そこまでしっかり作りこむ必要は無いと思います。

バックリンクサイトは、そこまで時間をかける必要が無いと思っているので、ざっくり作って行きましょう。

 

まとめ

飛んでしまうと申し訳ないので、はっきり言いにくいですが、私は月に2回程度のバックリンク作業をしています。

1日1回コツコツリンクを貼っている人や、週に1回リンクを貼っている人も多いですが、はっきり言って面倒です。

私はまとめて貼っていますが、Googleクローラーも毎日来るとは限らないではないので気にしていません。

 

リンクを貼る数は、キーワードの難易度によっても変わりますが、たくさん貼っても効果が無い場合は、コンテンツやサイト構造を見直す必要があります。

今は被リンクだけで上位表示することはありません。

それなりのサイト設計・コンテンツがあっての被リンク対策です。

被リンクを増やしながら、コンテンツも見直して行きましょう。

ブラックに必要なコンテンツ・サイト設計はコチラ

コメント