サイト作りを始める前にやっておきたいリサーチ方法(超詳細版)

サイト作りは何が一番大事だと思いますか?

ジャンル選びでしょうか? コンテンツでしょうか? 被リンクでしょうか? ドメインパワーでしょうか?

いいえ、違います。

これらも大事ですが、一番大事なことはリサーチです。

勝てるジャンルで、勝てるキーワードで、勝てるサイトを作る。

これが一番重要です。

勝てるサイトを作るためには、サイトを作る前にしっかりとしたリサーチが必要になります。

ここでは勝てるサイトを作るためのリサーチ方法を細部にわたって紹介して行きます。

手間も時間もかかり、正直、面倒だとは思います。

しかし、この面倒が今後のサイトの成長につながります。

ぜひ実践してみてください。

ブラックに必要なコンテンツ・サイト設計はコチラ

 

ジャンルを決める

まずはどんなジャンルで取り組んで行くのか決めましょう。

  • 熱意を持って取り組めるジャンル
  • アフィリエイト報酬が高い、承認率が高い
  • 上位サイトに勝てるジャンル(後述)

この3つが揃っているのがベストですが、上の2つは詳しいリサーチに入る前に決めることが出来ると思います。

アフィリエイト報酬は高ければ高いほど良いですが、5,000円以上あった方が良いです。

2,000円~3,000円程度の場合は、特単で5,000円以上になるようにASPに働きかけてみると良いです。

1,000円以下は止めておきましょう。

 

人気ジャンルで取り組む場合は上位サイトはかなり強い可能性が高いですが、しっかりとリサーチしてサイト設計して行けば勝てる可能性は十分にあります。

闇雲にロングテールを狙って行くやり方は止めて、時間をかけてリサーチして行きましょう。

 

商品のリサーチ

商品については、「強み・弱み」を徹底的に調べて行きます。

商品を知らないと細かい比較が出来ません。

商品についてはHPやLPを見て、複数のライバルサイトも見ながら調べて行きましょう。

例:青汁

商品Aの場合

  • 主原料は2種類
  • 国産野菜100%
  • 放射能検査有り
  • 残留農薬検査書有り
  • 飲みやすい(青臭さは無い)
  • 栄養の吸収しやすい成分あり

オリゴ糖も入っていて甘く飲みやすい。

血液サラサラ効果や、デトックス作用、脂肪燃焼効果が期待できるケラスチンが配合されてる。

商品Bの場合

  • 主原料は5種類
  • 国産野菜100%
  • 放射能検査有り
  • 残留農薬検査書有り
  • 飲みにくい(青臭さは有り)
  • 栄養の吸収しやすい成分無し

粉末量も通常製品の3倍近くあり、たくさんの栄養を摂れるのが特徴。

ブロッコリーやモロヘイヤなど主役級の野菜、合計3種類の栄養を丸ごと摂取出来る。

簡単に調べただけですが、商品Aと商品Bのターゲットにするユーザーが違うのがわかります。

多くのアフィリエイターはこれくらいのリサーチはしているでしょうが、もっと時間をかけて調べて行きましょう。

詳しくなればこんな記事なども書けるようになります。

「美容に良いと言われる商品Aと商品Cを徹底比較」

「便秘に一番効く青汁は?効くと言われる5商品を比べてみた」

アフィリエイトサイトを見ると今までは適当なランキングページが多かったですが、今はランキングページも根拠を持った比較が必要になって来ています。

適当な他サイトのリライトした記事では通用しなくなって来ています。

アフィリエイト報酬別にランキングを作っている人もいますが、ユーザーの目的別に商品を詳しく比較して行く必要があります。

商品については詳しすぎるほど知っておきましょう。

 

サジェスト・検索意図

サジェストではGoogleでよく調べられている関連ワードを調べることが出来ます。

サジェストを使うことによって、2つの目的があります。

  • 「ユーザーがどんな目的でGoogle検索しているのか」を知ることが出来る
  • サジェストをメインにサイト作りすることによって「Googleにサイトの特化性を示すことが出来る」

サジェストを調べながら、どんなページを作って行くか? ユーザーはどんな検索意図を持っているのか? を考えて行きます。

マインドマップを作ると視覚的に捉えることが出来るため、エックスマインドなどのツールを使うと良いです。

エックスマインドは使い方が簡単で非常に使いやすいです。

マインドマップを作る時にはおすすめです。

 

大まかなマインドマップを作る

それでは、マインドマップをざっくりと作って行きます。

 

rishirikonbu

rishirikonbuは関連するキーワードの月間検索数を調べることが出来ます。

関連キーワードを調べたい時はrishirikonbuを初めに使うと便利です。

個別の検索数を調べたい時はaramakijakeが便利です。

サジェストを調べたい時はGoogleサジェストが良いでしょう。

視覚的に捉えたい人ははKeysearch Betaもおすすめです。

 

検索数の多いキーワードでマインドマップを作るとこんな感じになりました。

ラベルには月間検索数を載せてあります。

これらを見ると、何となくの検索意図も見えて来ます。

【おすすめ・ランキング】

青汁を既に買おうと思っていて、どの青汁が一番良いのか調べたい

【効果・効能】

青汁にはどんな効果があるのか? 自分の症状に対して効くのか調べたい

【口コミ】

本当に効果があるのか? どれくらい効果があるのか? を調べたい

【酵素・乳酸菌・フルーツ】

酵素入り青汁・乳酸菌入り青汁などを調べたい

だいたいの検索意図が分かって来ました。

 

細かいマインドマップを作る

大まかなマインドマップが出来たら、続いて細かいマインドマップを作って行きましょう。

rishirikonbuaramakijakeなどをメインにキーワードを拾って行きます。

月間検索数をラベルに書いておくと、「どの記事を優先させた方が良いか」が視覚的に分かるのでおすすめです。

この工程はかなり時間がかかると思います。

1日で全部やってもいいですが、rishirikonbuの使用上限もあるので、日程を分けて行うと良いです。

地道でつまらない工程ですが、このリサーチが後で大きな差となるので、必ずやって行きましょう。

 

検索意図と記事名を考えて行く

細かいマインドマップを作って行くと、ユーザーの検索意図も具体的に分かって来ます。

「青汁 乳酸菌」の場合

  • 乳酸菌青汁はダイエットに効果的なのか?
  • どんな効果があるのか?
  • 酵素入りはどんなものがあるのか?
  • 口コミ情報を知りたい
  • ランキング形式でおすすめを知りたい

こんな検索意図があるのが分かります。

こんなユーザーに向けて「どんな情報を知りたいか?」を考えながら、記事名を書き出して行きましょう。

「青汁 乳酸菌 ダイエット」など3語のサジェスト見出しで使ったり、検索数が多ければ個別記事として使って行きます。

あまり意味の無いサジェストは使わなくても良いです。

逆にサジェストには載っていなくても必要なキーワードは使って行きましょう。

サジェストも大事ですが、それよりもユーザーの検索意図を考えた記事作りが大切です。

サジェストを織り交ぜながら、記事(見出しも)を考えて書き出して行きます。

記事名まで考えるのは、慣れない人にとっては面倒な作業ですが、サジェストや検索意図からズレないサイト作りが大切です。

後から付け足しを繰り返すと、サイト設計が崩れてしまうことがあるので、ある程度、最初から「どんな記事を書くか」までは決めておきましょう。

 

上位サイトのリサーチ

マインドマップ作りを進めながら、上位サイトのリサーチも行って行きましょう。

Google検索は相対評価なので、上位サイトよりも優れた記事・違う目線からの記事作りが大切です。

Googleでキーワードを入れて実際に検索してみましょう。

1位~10位までのサイトをチェックしておきましょう。

上位サイトのリサーチは文字数・記事数・被リンク数はあまり気にしないようにしましょう。

文字数は多い方が評価されやすい傾向はありますが、あくまで記事の内容に目を向けることが大切です。

 

Googleは検索結果に違うタイプの記事を表示するようにプログラミングされています。

1位~10位には無い訴求ポイントで記事が書けるように考えてみましょう。

誰もがやっているような根拠の薄い「ランキング記事」では無く、「美容に効果的な〇〇と〇〇の比較」や「〇〇に一番効果的な青汁ランキング」など、根拠に基づいたランキング記事にするように工夫して行きます。

そのためには商品に詳しい必要がありますし、上位サイトとは違ったアイデアが必要になります。

良いアイデアが浮かぶためにはリサーチが必ず必要になってきます。

リサーチは数日・1週間・2週間かかるかもしれませんが、後々の検索順位に影響して来ます。

サイト設計は後から修正がしにくいので、記事を書き始める前にやっておくことが大切です。

 

まとめ

「商品リサーチ、サジェスト・検索意図、上位サイトのリサーチ」をまとめて紹介して来ました。

今までロングテール狙いで何となく思い付きで記事を書いていた人には、かなり面倒な作業でしょう。

しかし、上位表示しているサイトはこのようなリサーチをしてからサイト作りを行なっています。

最初に方向性を間違えると、間違った方向に進んで行ってしまいます。

初めにしっかりと時間をかけてリサーチをして、正しい方向に最小限の労力で進めるように努力して行きましょう。

コンテンツSEOの本質【良質な記事を書くことが究極のSEO】はコチラ

コメント