誰も教えてくれない、7桁アフィリエイターがやってるブラックSEO

被リンク対策ナビはブラックハットSEO専門サイトです。

「良い記事を書けば被リンクが増えるって言うけど、全然増えない!」

「納得の行く良い記事が出来たけど、全然順位上がらない!」

「ロングテール記事を書いてるけど、何百記事も書いて疲れてしまった!」

こんな人は当サイトのブラック情報がきっと役に立つでしょう。

 

「いやいや、何言ってんの? 今はホワイトの時代でしょ!? 俺は良い記事書きまくるぜ!」

「自分はホワイト一本でやって行くポリシーだから。」

「私はバズる良い記事書けるから、ブラックハットなんて必要ないよ!」

こんな人には必要の無い情報ですのでお帰りください。

 

被リンク対策ナビは月収10万円以上稼ぐ中級者以上のアフィリエイター向けに、ブラックハットSEO対策を紹介して行きます。

まだ全然稼げてない人、知識が無い人はもっと稼げるようになったら、当サイトに来てください。

ブラックハットSEOはお金がかかるので、収入が増えてからブラックの勉強を始めましょう。

 

今までホワイトハットで健全に記事を書いてきた人。

当サイトで被リンク対策・ブラックハットSEOを学ぶことによって、今まで以上に稼げるようになります。

必ず収入が上がります。

もしかすると数か月後に7桁アフィリエイターの仲間入りしているかもしれません。

ここでは被リンク対策を中心に、ブラックハットSEOについて紹介して行きます。

 

ブラックハットSEOに多い質問

ブラックハットSEOって危険じゃないの?

ここで紹介するブラックハットSEOは被リンク対策です。

被リンク対策は危険です。

サイトが圏外に飛ぶ可能性は十分あります。

そういうリスクが怖いと思う人は止めておきましょう。

 

しかし、あなたが運営しているサイトは全て稼げていますか?

全然稼げずに死んでいるサイトはありませんか?

稼げないのであれば、ブラックハットで上位表示を目指してみても良いのではないでしょうか。

1万円も稼げないのであれば、ブラックハットで上位表示をして、10万円稼げるようになった方が良いと思います。

そのサイトがもし1年で飛んだとしても、合計120万円稼げます。

いつか上位表示するだろう。ということは残念ながらありません。

そういうサイトは売ってしまうかブラック入りするかどちらかにしても良いでしょう。

 

ブラックハットSEOってすぐ圏外に飛ぶんじゃないの?

結論から言うと、普通にやっていれば、なかなか飛ばないです。

1日の1,000リンク付けたり、変なことをすればすぐ飛びますし、全部同じアンカーテキスト、同じIPアドレスからリンクを貼ればGoogleにすぐに見つかります。

しかし、上手くやればGoogleは自演リンクを見極めることが出来ません。

普通に価値のあるサイトだ! と認めてくれます。

今はホワイトでも飛ぶ時代です。

ホワイトでも飛ぶくらいなら、ブラックで攻めても良くありませんか?

 

ブラックハットSEOって古い情報じゃないの?

当サイトの立ち上げは2018年です。

2017年3月のフレッドアップデート・2017年末の健康アップデートよりも後の情報です。

今でも十分ブラックハットの効果はあります。

実際にこのやり方で検索順位をぐんぐん上げています。

ただ、以前のような「被リンクが全て」の時代では無いので、コンテンツSEOがきっちり出来ての話です。

 

ブラックハットSEOって効果はどれくらいあるの?

確かに以前よりも効果が薄くなったのは間違いないです。

被リンク無しでも上位表示をしているサイトもあります。

ただ、そのようなサイトは権威性のある非アフィリサイトのみです。

多くのアフィリエイトサイトは被リンク無しで上位表示が難しいのが現実です。

被リンク対策はドーピングするようなもので、良いコンテンツにより力を与えてくれます。

 

おすすめ記事一覧

被リンク対策ナビのおすすめ記事です。

 

被リンク

被リンクを自分で増やす方法【ブラックハットSEO 永久保存版】

ブラックハットSEOに必要なツール一覧

被リンクは購入するのと自分で増やすのはどちらが良いか?

被リンクを自力で増やす9個の方法(中級者以上向け)

 

コンテンツ・サイト設計

ブラックハットSEOに必要なコンテンツ・サイト設計

 

おすすめSEOツール

被リンク対策ナビでおすすめのSEOツールを紹介します。

ブラックハットをするならPSWと分散サーバーは必須です。

GRCもあった方が良いでしょう。

PSW Ver.2

PSWは「文章を自動的に作成してくれる」ツールです。

バックリンク用の記事はこのPSWで十分です。

項目を入力すれば、1,000記事でも一瞬で作ってくれます。

特定キーワードの割合も思うがままに調整出来ます。

GRC

知っている人も多いと思いますがGRCは絶対的に必要な「検索順位チェックツール」です。

毎日順位を確認して被リンク効果を確認しましょう。

検索順位を確認しながら、記事のリライトに役立てましょう。

万が一圏外に飛んだ場合も、すぐに対策を取ることが出来るので必須ツールです。

キーワードウォッチャー

キーワードウォッチャーは「月間検索数」をチェックできるツールです。

有料版になると「まとめてCSV出力機能」や「過去1年の検索数」なども確認出来るので、キーワード検索の精度が増します。

サイト立ち上げ時のリサーチに必須のツールです。

IQサーバー

IQサーバーは国内IPのクラスC分散サーバーです。

1IP = 324円 と他の分散サーバーより安く始めることが出来ます。

10IPから始められるので、徐々に数を増やして行きましょう。

アクセス中古ドメイン

中古ドメインは自分で探すことも可能ですが、手間がかなりかかるので、購入をおすすめします。

バックリンク用サイトにどうぞ。

バックリンク用はあまり高価なものは買わないようにしましょう。

メインサイトは新規ドメインでも良いですが、中古ドメインを使った方がアクセスが早く伸びます。

mixhost

mixhostはXサーバーよりも速いレンタルサーバーです。

メインサーバーにどうぞ。

普段Xサーバーをメインで使っている人は2代目のメインサーバーに良いです。

2018年7月のスピードアップデートに一番適した超高速サーバーです。

ストーク

テンプレートは、デザイン重視の人はストークがおすすめです。

多くのアフィリエイターが使っているので、かぶることは多いです。

ページタイトルに動きを付けたい人は、前作の「ハミングバード」もおすすめです。

機能重視ならアフィンガーが良いと思います。

バナープラス

自分でそれなりのバナーや画像を作りたい人はバナープラスが良いです。

ページトップのアイキャッチ画像も簡単に作れるので、かなり重宝します。

ただ、買い切りでは無く年会費なので、ちょっと負担が大きいです。